登録試験官

登録試験官について

登録試験官とは、当センターの委託を受けて登録養成校が実施する技術試験を運営・監督する役割を担います。登録試験官になるには、登録養成団体の認定講師資格(上級資格と経験を有し、年齢が25歳以上であること)が要件となります。当センターが実施する登録試験官養成講座を受講し、技術試験の試験官としてのスキルを習得し、同講座の確認試験に合格することが条件です。

養成講座内容

① 登録試験官の心得
② 技術試験実施要項の解説

受講対象者

・登録養成団体の認定講師資格を保有している方
・1年以内に認定校講師資格の取得予定の方 
(ただし、登録試験官の登録は認定講師取得後になります。)
・すでに登録試験官として登録済みの方

受講対象者

無料 (2015年4月より有料化予定)

開催日程

東京・名古屋・大阪 実施予定

養成講座受講済みで未登録の方

登録養成講座をすでに受講されているのに当試験センターへの登録申請が未提出の方は、
以下の申請関係書類をご提出ください。

登録試験官登録申請書 ※ダウンロード
登録試験官誓約書 ※ダウンロード
③ 登録養成団体発行の認定講師資格証書(ディプロマ)のコピー